中古車が入荷しました

スカイウェイブSSトライクとVツインマグナトライクの中古車が入荷しました。いずれも250ccクラスです。

skywave250trike-used-98.jpg

スカイウェイブSSトライク●走行距離 7,600km●水冷4スト単気筒 249cc 26ps/7500rpm 2.5kg-m/6000rpm●タイヤ F=120/80-14 R=185/55R15(左右共通)●車両本体価格 98万円(税込)

magna250trike-used-110.jpg

Vツインマグナトライク●走行距離 12,513km●水冷4ストV型2気筒 249cc 27ps/10000rpm 2.3kg-m/7500rpm 変速機5段●タイヤ F=120/80-17 R=185/55R15(左右共通)●車両本体価格 110万円(税込)

スカイウェイブSSは本日から、マグナは来週からスリーホイールJAPANで試乗可能です。

ATか、MTか? みなさまのお好みは~どっち?
スポンサーサイト

粋なトップケース(?)

ふと見れば、Vツインマグナトライクのリヤキャリアに木の箱が。
magna250trike-woodbox1.jpg

あれ~、このオーナーさんはお寿司屋さんだっけなぁ?
magna250trike-woodbox2.jpg

よく見れば、電話番号がダミーじゃありませんか。そうですよね、本業は確か〇△〇△でしたもんね。

トップケースの代わりにこうした木箱を付け、ひもで括り付けるなんて……なんとも粋だと思いませんか? このセンスを大いに見習わせていただきます♪

ただいま整備中 「Vツイン マグナ トライク」

ベースモデルの新車販売が終了しているトライクの中で、いちばん高い人気を誇るのが「Vツイン マグナ トライク」(250ccクラス)です。

magna250trike-201307.jpg

しかも、いま整備しているのは、リヤタイヤが215/45R17の大径極太仕様!

作業を終えたら、改めて迫力満点なリヤビューをお伝えしましょう。お楽しみに♪

YAMAHAスクーターがベースなら手元シフトが可能です

YAMAHA製スクーター(マジェスティ/マグザム)をベースにした250ccトライクなら、左手元のレバーで前後進の切り替えができるようになります。といっても、これは当社だけのオリジナルカスタム。その詳細をご紹介しましょう。

まずはノーマルのシフトレバー(前進/ニュートラル/後進)をご覧ください。トライクユニットの右サイドにレバーが装着されています。
yamaha-shiftlever.jpg

一方、YAMAHA車は左手元にパーキングブレーキレバーを装備しています。これをシフトレバーに利用しちゃうんです。例えば下写真が「前進」の状態。普段は、エンジンを停止時も含めて、この位置で大丈夫です。
yamaha-forward.jpg

後進したいときは、このレバーを左に倒します。
yamaha-reverse.jpg

とても簡単ですね。実際に試乗した僕も……「こりゃ、いいなぁ。これだけでYAMAHA製スクーターを選ぶ価値があるよ。右サイドがスッキリするのも最高♪」と思ってしまいました(^^)

では、パーキングブレーキはどこに行ったのでしょうか?
yamaha-parkingbrake.jpg

はい、トライクには不要なサイドスタンドをパーキングブレーキに転用したんです。写真のようにスタンドが出ているときにはパーキングブレーキが作動、スタンドをしまうとブレーキが解除される仕組みです。

改造費用は、シフトレバーの移設が36,750円(税込)、サイドスタンドのパーキングブレーキ化が21,000円(税込)。やや高価に思われるかもしれませんが、作業内容と改良後の便利さを考えたら、ご納得いただけると思うんですが……f(^^;

これでますますマグザムトライクの人気が上がるんだろうなぁ♪



ゴルフバッグキャリアは47,250円

「トライクでゴルフに行きたい」という要望に応えて開発していた「ゴルフバック キャリア」が完成しました。

golfmount-1.jpg golfmount-2.jpg

キャリア本体はスチール製で、フレーム部分にしっかりと固定。バッグを受けとめる部分にはフェルト材を貼って傷付きを防ぎ、面ファスナー式のストラップでバッグをホールドする構成となっています。

念のため急ブレーキなども試してみましたが、まったく問題なし(ゴルフバッグのズレは皆無)。ハンドリング面への悪影響もありませんでした。

このゴルフバッグ キャリアは当社が製作した250ccトライクにワンオフ装着可能で、費用は47,250円(税込)です。

釣好きなオーナーさんのための「クーラーボックス キャリア&ロッドホルダー」なんかも開発したいと思っていますので、「我こそは」と思う方は、スリーホイールJAPAN(tel 0868-28-3580 )にご連絡くださ~い(^^)/
プロフィール

Paddock-オカモト

Author:Paddock-オカモト
正統派トライクひと筋『スリーホイールJAPAN』公式ブログです。当社代表・岡本が開発秘話やイベント案内、お客様の声などを発信しています。http://www.three-wheel.jp/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Recomends
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR